スポンサーサイト
--.--.--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


順調に
2006.11.29(Wed)
やつれてる気がします…
精神的にスリップダメージが…

リジェネリジェネ…
スポンサーサイト

しくった…
2006.11.23(Thu)
今日は予定の合間に映画を観ようと思い、映画館に足を運んできたわけです。

忘れてました…今日が祝日だという事を。
そしてこれから観る映画が恋愛映画だという事を…

カップルばっか…orz

普段は映画館自体に人が少ないから別に何を観てもHead-charaなわけです。

しかしこれは…

これはキツい…

周りのカップル共が敵に見えます。
「野郎一人で恋愛映画か、おめでて~な。プッ」
って言ってます。
口は動いてませんが目が言ってます。
絶対言ってます。

祝日に観る恋愛映画に絶望したっ!

おれもソッチ側に行きたいです。

クリスマスかぁ…(遠い目)

巫女って…
2006.11.21(Tue)
20061121133424
免許とかあるのかなぁ?


はぁ…
2006.11.20(Mon)
今日は賢プロイベントの稽古があったのですが…

明らかに周りの人と体型が違うわけですよ。

ねぇ…

ねぇなんで…

我慢してるのに減らないの?
ストレス分だけ損してるやん!

っていうか、自分の体型見ると、彼女出来ない理由がよ~く分かるわ~…

食わない。これ重要。
あとは食事で解消出来てた分のストレスをどこで解消するかだな…

まずはストレスを発散出来るものを手に入れてから、絶食修行に入るか…

断食道場への道が近づいてまいりました。
orz

トンマッコルやべぇ
2006.11.16(Thu)
今日はトンマッコルを観に行きました。

やべぇ…
すごく良かった!
なんつうか、言葉で言い表せない感じ。
観て感じて貰えると良いかも!

自分は比較的「ここではないどこか」つうユートピア願望が強いから、特にキましたな…

オススメです。
感動一辺倒でなく、ベタなギャグとか色々満載ですよ!

ヴィンランドサガ
2006.11.11(Sat)
つうマンガにハマっております。

なんつうか、男気溢れるマンガで、かつ、そこはかと漂う哀愁が…
国破れて山河あり、みたいな。

リアルな世界観を表現しているものの、戦いのシーンでは超人的な戦闘。
これがアニメ化する前に、せめてオーディション受けられるくらいには頑張ろうと思う。

オススメです。
ユルヴァ萌え。

妖精殺し
2006.11.09(Thu)
はぁ…ため息ばかりのスナフキン…

今日の仕事は凹みまくりだわぁ…

みんな上手いなぁ…

おれ下手だなぁ…

明日からまた頑張りますよっ!
とにかく、一つ一つが真剣勝負なのですよ!

だから今日は泣き寝入り…

ぐっすんおよよ

毛ガニ
2006.11.06(Mon)
手紙を観てきたんです。
山田孝之も玉山鉄二も好きなので。
沢尻エリカは顔は好きですよ。

ネタバレはしませぬが、なんだか色々な事を思った映画でした。
最初は、○○っぽいセリフのオンパレード。
脚本の書き方みたいのを読んで書きました、みたいな。
原作がどうなのかは知りませぬが、ベタベタ。やや素に戻る事数回。
沢尻エリカがノッてる時とそうでない時が分かりやすすぎ。ため息が出る事数回。

山田孝之、シーンによって滑舌が悪いが、それがまたリアルで個人的には好き。
玉山鉄二、立ち振る舞いがもう素敵。
二人とも良い役者だと思う。

カッチリ型にはまった展開で、山田孝之の芝居以外はあんまり惹かれない事がずっと続いてたけど…

ラスト五分のシーンはヤバすぎ。
あれだけでも観る価値あり。
終わり良ければ全て良しな感じのオレですが、今回は特にそんな感じ。っていうか序盤のダルい展開も監督の狙いなら見事にハマったかも。
言いたい事はたくさんあれど、まずは観てみて!

在りし日の思ひ出
2006.11.06(Mon)
ふと思い出すと、あれは小学四年か…
同じクラスで幼なじみの男が大阪に引っ越すというので、みんなで書いたお別れの文集。

幼なじみのおれの作文は当然最後にもってくる粋な先生。
やはり「いなくなって寂しい。」「あっちでも元気でね」がメインの作文たち。
こんなのもらったら嬉しいだろうな…なんて子供心に思ったものです。

しかし、最後の俺の作文。

「大阪に行ったら、大阪弁になると思うけど、東京に来たら東京弁を話すようにしてね」
「大阪弁は面白い言葉だけど、真面目な話をしてる時は大阪弁に笑っちゃダメだよ」

など、延々と稚拙な大阪弁談義。

幼なじみですよ!?
思い出もたくさんあるんですよ!?
なのに最後の文集は、今まで一度として会話に登った事はないであろう大阪弁について終始談義。
寂しいとかないの!?
下手したら、「元気でね」すら書いてねぇよ!

幼なじみのお母さんは最初は涙ながらに読んでたらしいが、最後は笑い死にするかと思ったらしい。

10歳のオレ…スゲーよ…

あの頃の発想力、カムバック…

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。