スポンサーサイト
--.--.--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


崖っぷちのポニョ
2008.07.31(Thu)
観てきましたよ、ポニョ。
感想は「子供が可愛かった」です。

まぁほら、ストーリーはあんまない感じなので(笑)

ただ、ポニョがワイルドに肉食だったり、序盤で男の子が岩を持ってポニョを叩き潰す気なのか!?
みたいなシーンにはシビレました(笑)

ストーリーだけではなく、ネタ的にもツッコミ所が満載でした。あれ、大人が観たら「子供カワイイな~」で良いけど、子供から観たらどうなんだろう?

冒険モノらしい冒険もないし、子供が「子供カワイイな~」にはならないと思うが…
子供の反響が気になりましたね~。
スポンサーサイト

わすれないうちに
2008.07.26(Sat)
しばたん、今回はドラマではなくラジオです。
普段のみなさんをたのしんでください。
http://toradio.org/sivatan/

尻木打人
2008.07.24(Thu)
20080724234304
20080724234302
はい、わかる人にはわかりますね、タイトル。

そうです。
尻木打人と書いて「シリキ・ウトゥンドゥ」です。
海人と書いて「うみんちゅ」と読むみたいな感覚で(笑)

今日はじめて乗りました、タワテラ。
垂直落下型は苦手なので、マジ泣きしそうでした。
けど、乗れて良かった。

やっぱり乗った事ないのは気になりますよね!

今日は久々に鋭気を養いましたよ!

2008.07.20(Sun)
という事は、今日から夏なんですよね!
道理でくそ暑いわけですね!

セミも啼いてます。

今年の夏は、海に行けるようにします!
しっかり締めないとですが…

2008.07.12(Sat)
はいはい!各週でお届けしています。
毎度お馴染み、しばたんの時間でございます!
しばたんへはココから!

今回は初の前後編の後編です(変な日本語…)

そんなわけで聴いてやってくださいまし!
今回はなんだか甘~い展開です。

まぁ…なんつうの?現実への不満がこういった形で妄想爆発、みたいな?
そんなわけで、楽しんでくださいまし!!


2008.07.11(Fri)
はい、メダパニとかプリンパとかコンフュとかの精神系の技に対する耐性がほぼ0の私です。

仕方ないんです。
昔、自分の住んでる港に赤髪で麦わら帽子をかぶった海賊が停泊してた時、海賊が持ち帰った「ダメダメの実」を食べてしまったのです。

それ以来ダメ人間として生きていく運命なんです。

で、今日は舞台の本番。

ただ、自分としてはより集中しなければいけないのは明日です。
ぶっちゃけ今日は結構暇でした(笑)

しかし、油断は禁物!
舞台には魔物が潜んでいると言われます。
「舞台は神聖なもの」という事もよく聞きますが、神聖なのに魔物がいるとはこれいかに。

ともあれ、今日の魔物は差し入れとケータリングと弁当という魔物。

大して働いてない癖に、待ち疲れのあまり腹が減ってきます。

食ったら確実にアウトです。せっかく入ったジーンズがその場で悲鳴をあげてきます。
そこに襲いかかる生八つ橋という罠。

絶対負けるわけにはいかないのです!
ダイエットしてモテるんです!!
頑張れ、おれ!!

美味しかった(^-^)

…悪魔の実のせいなんです

ひさびさにコップレ
2008.07.09(Wed)
20080709215916
20080709215913
普段は全然やらないのですが、今回は人が衣装を用意してくれたのでやってみました。

事務所的にも全然OKらしかったので、何の気兼ねもいりませんよ!

というわけで、サムスピの審判のコスプレです。

ウソです。
週末の舞台で着る黒子衣装ですが、今まで黒子なんて着た事なかったので、写真撮っちまいました。
自分晒すのも久しぶりデスネ。

やっぱり、衣装を着るとスイッチが入りますね。
特にこういうベタな衣装だと、もう完全に黒子気分です。
如何にみんなを補佐するか!みたいな気持ちになります。

そんなわけで、下手したら二度とないかも知れない岡林黒子スタイルを笑いに来たい方は、土曜日に横浜関内ホールまでお越しくださいませ!

たらこパンチ!
2008.07.08(Tue)
自分は昔っからたらこが好きなんですが、最近は軽く焼いたたらこが好きです。
昔は生のたらこが好きだったんですが、焼いた方が粒々がしっかり主張してくるのが気に入ってます。

で、目の前でぱちぱち焼いてたら…
ボーッとしてたわけじゃないのに、たらこが急に弾けましたよ!

で、目の下あたりに弾けたたらこが…!

あいつ、以外に攻撃力高いですよ…(泣)

みんなも、焼きすぎたたらこには気をつけてね!

2008.07.06(Sun)
以前にもちらっと触れましたが、自分はものすっごく好きな漫画があります。
っていうか、これがアニメ化する際には絶対に参加させていただきたい作品です。

その作品は、幸村誠さんの描かれている

「ヴィンランド・サガ」

最近最新刊の6巻が発売されました。
で、この6巻ですが…いや…熱い…深い…切ない…

何よりも王子が「愛」について悟る所が…

もうぜひぜひ読んでみてください!!

最近また色々と思うところがあり…ホントしんどいこと続きですが…
それでも生きてゆかなければいけないのです。

我々の手で、この地上に再び楽園を…!

奥が深い。
2008.07.06(Sun)
ホントに声優の仕事と言うのは奥が深い。

作品の中で人の目に触れやすいのは「メインキャラ」だと思います。
自分もメインキャラの声というのはいくつかさせていただきましたが、やっぱりある程度のレスポンスがいただけたりします。

そのキャラクターについての感想を読ませて頂いていると、結構ドキッとさせられる事があります。

特に最近では「クレプシドラ」のアダム。

シヴァとは真逆の線の細いキャラで、感情がほとんど表に出ない。
ポイントは「ほとんど」つうところ。つまり、要所要所で出るんです。
その要所を間違えるとプレイヤーはカタルシスを感じられない。
聴き所をピンポイントで押さえないと感情過多になり、少なすぎると棒読み。
抑えなさ過ぎるととウザくなり、抑えすぎるとロボになる。
やっぱり、そこをしっかり作品のファンは突いてきます。しかも容赦なく。
けど、逆に言うとダイレクトに悪い部分が伝わるわけですよ。

清濁混合の意見ではありますが、その一つ一つにその人の思いが入っています。つまり、全てが正解です。
自分はその中から「今後の自分にとって必要だな」と思うものをチョイスしていく。これも、作品に育ててもらうってことなんでしょうね。

自分の課題でもある、強弱やベクトルをもっと繊細にすること。
今後アダムを演じる機会があるなら、今度こそ絶対「ハマリ役ですね」と言わせたる!!

ネコin看板
2008.07.01(Tue)
20080701164832
なぜ中に…?

そういや、昨日友達と話しててもやっぱり自分はとことん犬気質な事がよく分かります。

特にケンカ中。

怒りはすぐ収まって、収まったら早く仲直りしたくなります。
それが叶わないと、その人にどれだけの恩があるか頭にボコボコ浮かんできて、どうしようもない事に(笑)

昔はすぐコロコロ気分を変えるといい加減な人に思われそうで、頑張って怒りを持続させてましたが…
ダメっすな(笑)

基本、普通に生きていても「みんな何も言わないけど、知らないうちに誰かに迷惑かけてんだろうな」という姿勢のB型は、された事による怒りより、してくれた事への恩が勝つ(笑)

まさに犬気質!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。