スポンサーサイト
--.--.--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2008.05.14(Wed)
みなさんも、必ず一度は悩んだ事ありますよね?

なぜシャケはしょっぱいのかと!
朝食に出るたびにあの絶妙なしょっぱさ加減にはきっと何か深い事情があるに違いないと!

みなさん、一度は思いましたよね?

自分はつい去年くらいまで以下のように思ってました。

みなさんはお風呂に入って指がしなしなになった経験はありますよね?
あれは実は浸透圧というのが関係しているんです。
自分の体を構成する体内の汁っ気。
あれはお湯をはったお風呂よりも濃度が濃いのです。
で、お風呂に入ると、お風呂のお湯と体の汁っ気が均等の濃度になろうとします。
つまり自分の体から汁っ気が出てお風呂に混じっているのです。
びっくりです。

で、シャケに話を戻します。
シャケは元々淡水(川の水)で生まれます。
つまり淡水の中で体が保てるようにセットされてるわけです。
淡水は言うまでもなく、割とただのお水です。

しかし、シャケはあろうことか海に出てビッグになって帰ってきたいという願望があります。
多分B型です。
そんなシャケに世間の荒波は容赦なく襲いかかります。
なんといっても海水です。
海水はしょっぱいのをはじめ、体内の汁っ気と成分が非常に似ているらしいです。
そんな高密度の汁っ気に生ぬるい淡水で育ったシャケは大変です。
言うなれば正に逆お風呂!

前述の通り浸透圧の関係でシャケの体には海水が浸透していきます。
生まれた時から海水育ちの他のやつらはそういう事はないのでしょうが、シャケの体内の汁っ気は、もういちごもびっくり海水分100%なわけです。

そういうわけでシャケはしょっぱいんだと信じていました。理論武装もバッチリなので疑う余地なし!

正に完璧です。

が…果たしてその真相は…

シャケを取った時に腐らないように塩漬けにしたからしょっぱい。
という面白くもなんともないビミョーな答えだったのです。

なぜそれを信じる気になったかと言えば…

「スシネタのシャケはしょっぱくない」

…人生もシャケくらいしょっぱくなけりゃいいのに…orz
スポンサーサイト


コメント

この記事へのコメント一覧

コメントを残す

URL:
コメント:
パスワード:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
送信:
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。