スポンサーサイト
--.--.--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


路地裏
2009.10.20(Tue)
20091020141223
20091020141221
20091020141218
北京三日目はまだまだ終わりません。

次は庶民の暮らしを見るために下町の路地裏に。

ここは電気の工事をしていました。
中国も、基本的に電線は地中なんですね。
従って、工事をする時はガツガツ掘ります。

そんな中をぬって一つの家族のお宅へ。

よくドラマで見るようなお宅でした。
入口の虫かごにあり得ないデカさのコオロギがいたのにビビりました。

色んな縁起グッズが並んでいて、この国がまだ霊的なものと共存しているのが分かりました。
この文化は高度経済成長の中でも失って欲しくない部分ですね。
日本では失われてしまった部分ですから。

人間は「繋がり」に依って生きているものだと思うですよ。
その繋がりの中でも、先に生きた人達と共に在るというのは非常に大切なものな気がします。
この国では失ってしまったものだからこそ、中国は失って欲しくないです。

そんな事を思ってると、不意に猫がやってきました。名前は「非常食(嘘)」
ちなみに女性のガイドさんと話をしていて、犬は食べた事があるそうです。
中国では何でも食べる、とよく言いますが、ホントっぽいですね(笑)

路地裏を出ると人力車に乗って、路地裏を周遊します。

しかしですよ…

前述の通り、今日は風が強く、しかも路地裏は電線の工事をしています。

そう、砂ぼこりビュービューなんですよ!!

人力車の運転手さんはゲホゲホ行ってます。
自分はマスクの上から砂が入ってきます。
もうね、到着する頃には服も顔も真っ黒くろすけ。

この頃には、もうぐしゃぐしゃで何でも楽しくなってました。
周りの大人達は軽く半ギレでした(笑)
スポンサーサイト


コメント

この記事へのコメント一覧

コメントを残す

URL:
コメント:
パスワード:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
送信:
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。