スポンサーサイト
--.--.--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


空気を読む
2006.10.18(Wed)
最近身近でよく使われてる
「空気を読む」
だが、なんだか空気を読む人はそれだけに終始してないか?
と感じるのである。

空気を読んで、その空気に沿って流れていくだけなら、それは単なる日和見ではないか…と感じるわけだ。

大切なのは、「読んだ上でどうするか」であるのではないかと。

最近よく見る空気を読めるらしい人はそのまま何も考えずに流されているだけに見えるのだな。
敢えて波風立てる必要はないけども、空気を読んだ瞬間こそ自分で考えるという力を育てられる絶好の機会ではないだろうか…

かくいう自分は最近少し空気は読めるようになった気はするけども、それに逆らったらどうなるかという想像力が貧困である。
にも関わらず敢えて逆らうので、よく怒られます
読もうとするなら最後まで。頑張れ、おれ
orz
スポンサーサイト


コメント

この記事へのコメント一覧

コメントを残す

URL:
コメント:
パスワード:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
送信:
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。